高反発マットレス

高反発マットレス・ランキング

「機能性」「価格」が魅力の高反発マットレス

  1. おすすめ高反発マットレス情報!「安い」フローリング直置きタイプ

高反発マットレス「腰痛改善」など体への負担軽減が人気のポイントに。


高反発マットレス

近年、日本で高い人気を得ている寝具が「高反発マットレス」です。

日本人の体格特性及び日本の生活環境を考慮した時に、「高反発機能」は睡眠時の腰痛・背中の痛みなど 体への負担を軽減するために

●体圧分散機能
●通気性

と共に必要不可欠な機能性のひとつとして認識されるようになりました。

特に欧米諸国と生活習慣にて大きな違いとなっているのが「床に直敷き」して寝具(敷き布団・マットレス)を活用すること。

ここでは、「フローリング床・畳床に直置き利用が可能な高反発マットレス」にターゲットを絞って、情報をご紹介したいと 思います。

目次

おすすめ高反発マットレスランキング!


高反発マットレス・ランキング

人気の高反発マットレスを対象に、「耐久性」「価格(コスパ)」「通気性」「耐熱性」を個々に検証。

その上で総合的に評価する形で、おすすめの高反発マットレスを厳選いたしました。

ここで、ピックアップした機能性マットレスは、全て「ベッド利用可能」「フローリング床直置き利用可能」の 商品となっています。

高反発マットレス「モットン」

モットン マットレス

■耐久性(マットレス寿命)

★★★★★
★★★★★


■価格(コストパフォーマンス)

★★★★★
★★★★★


■通気性

★★★★★
★★★★★


■耐熱性(湯たんぽなどの利用可否)

★★★★★
★★★★★


※コメント

現時点で、総合評価NO.1となったのが「モットン(motton)」です。

「通気性」には、相対評価的には、やや劣っていますが特殊加工によって創出された「オープンセル構造高反発ウレタンフォーム」 を使用。

通常のウレタン素材と比較して、高い通気性を有しています。

密度の高い高反発ウレタンフォーム(高品質、密度30D以上)仕様の単層構造のため耐久性がバツグン。

「10年以上」大きな機能低下(変形・変質)も無く使用し続けることが出来るマットレスとなっています。

●機能性:高反発機能・体圧分散機能
●素材:オープンセル構造高反発ウレタンフォーム(単層)
●サイズ:シングル・セミダブル・ダブル
●厚み:10cm
●通常価格:¥59,800円(税込)※シングル
割引価格:¥39,800円(税込)※最安値(公式SHOP)

↓↓↓

エアツリーマットレス(Airtree)

エアツリーマットレス

■耐久性(マットレス寿命)

★★★★★
★★★★★


■価格(コストパフォーマンス)

★★★★★
★★★★★


■通気性

★★★★★
★★★★★


■耐熱性(湯たんぽなどの利用可否)

★★★★★
★★★★★


※コメント

今秋となって、大きな変化があったのが「新規割引キャンペーンの開始」です。公式SHOPにて、最大「66%OFF」 にて購入可能となっています。

価格(コスパ)の評価にて断トツの一位となりました。

ただ、課題はやはり「耐久性(寿命)」かと。早いと「約1年ほど」でヘタリ感を感じることもあるようですからね。

素材(高反発ウレタンフォーム)の品質・耐久性は問題ないのですが、特殊なカッティング構造が 耐久性に影響を与えているようです。

「5年」も保てば十分(一般的な敷布団などの平均的な寿命)と思える方にとっては、最高のアイテムと なりそうです。



●機能性:高反発機能・体圧分散機能
●素材:オープンセル構造高反発ウレタンフォーム(二層構造)
●サイズ:シングル
●厚み:8cm
●通常価格:¥59,800円(税込)※シングル
割引価格:¥19,800円(税込)※最安値(公式SHOP)

↓↓↓

マニフレックス モデル246

マニフレックス「モデル246」

■耐久性(マットレス寿命)

★★★★★
★★★★★


■価格(コストパフォーマンス)

★★★★★
★★★★★


■通気性

★★★★★
★★★★★


■耐熱性(湯たんぽなどの利用可否)

★★★★★
★★★★★


※コメント

「マニフレックス」はイタリアの寝具ブランドです。数年前までは、日本人&日本の生活環境には、 適さない商品でしたが、ここ1.2年で大きな変化が。

日本市場向けの商品開発に力を入れるようになり、日本の生活習慣に合わせた「敷き布団タイプ(床置きマットレス)」 なども開発しています。

特に、昔は素材(高反発ウレタン)に課題(通気性が低い)があったのですが、高温多湿の日本向けの素材 (通気性の高い高反発ウレタン:エリオセル)の開発に伴って通気性も向上。

評価急上昇中の高反発マットレスです。

課題は「重さ」。他アイテムと比較して、重いため、日常のお手入れ(陰干など)が少々大変(力が必要)かもしれません。



●機能性:高反発機能・体圧分散機能
●素材:エリオセル
●サイズ:シングル・セミダブル・ダブル
●厚み:9cm
●通常価格:¥39,204円(税込)※シングル
割引価格:¥39,204円(税込)※最安値(公式SHOP)

↓↓↓

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎプレミアム

■耐久性(マットレス寿命)

★★★★★
★★★★★


■価格(コストパフォーマンス)

★★★★★
★★★★★


■通気性

★★★★★
★★★★★


■耐熱性(湯たんぽなどの利用可否)

★★★★★
★★★★★


※コメント

「雲のやすらぎプレミアム」は、一度大きな仕様変更があったマットレスです。

昔「雲のやすらぎ」として販売されていた初代版は、機能的に高反発マットレスとは位置づけられないアイテムでした。

「網目繊維構造素材」を中心に作られていて、「1年ほどでヘタリを感じることがある」など耐久性にも課題があったん ですね。

現在のリニューアル版「雲のやすらぎプレミアム」は、素材を「高反発ウレタンフォーム」へと変更。

マットレス構造がまったく変わっており、機能的には昔と違うマットレスとなっているのです。

平均的に水準以上の機能性を有しているのが「雲のやすらぎプレミアム」の特徴と考えています。



●機能性:高反発機能・体圧分散機能
●素材:オープンセル構造高反発ウレタンフォーム(複層構造)
●サイズ:シングル・セミダブル・ダブル
●厚み:17cm
●通常価格:¥59,800円(税込)※シングル
割引価格:¥39,800円(税込)※最安値(公式SHOP)

↓↓↓

エアリー(Airy)ハイグレード|アイリスオーヤマ

エアリー(Airy)ハイグレード

■耐久性(マットレス寿命)

★★★★★
★★★★★


■価格(コストパフォーマンス)

★★★★★
★★★★★


■通気性

★★★★★
★★★★★


■耐熱性(湯たんぽなどの利用可否)

★★★★★
★★★★★


※コメント

エアリー(Airy)ハイグレードは「アイリスオーヤマ」が開発・販売している高反発マットレスです。

少し前までは、「価格(コスパ)」で最高評価できる高反発マットレスだったのですが、現時点では、 「エアツリー」の後塵を拝する状況となりました。

「高反発ウレタン素材」と比較して「網目繊維構造素材(エアロキューブ)」は、素材特性的に「耐久性に劣る」 ものとなります。

「三つ折り」マットレスであることも、形状変質が生じやすい要素となるもの。

「耐久性」には課題があって、「3年~5年」が使用目安(機能変化・形状変質が無く使用出来る期間)となりそうです。

「通気性」がとても高いので、夏の暑さへの対応力は高いものがあります。

ただ、反面「冬は背中側が寒い」と感じやすいという弱点も。「湯たんぽや電気毛布・電気アンカの使用も不可」ですからね。

寝具は安ければ良いというものではありませんからね。

今後は評価下落傾向にて推移していくものと思っています。



●機能性:高反発機能・体圧分散機能
●素材:エアロキューブ
●サイズ:シングル・セミダブル・ダブル
●厚み:9cm
●通常価格:¥29,800円(税込)※シングル
割引価格:¥23,100円(税込)※最安値(変動中)

↓↓↓

高反発マットレスに何故大きな「価格差」があるのか!?


マットレスの価格差

実は、「高反発マットレス」と名付けられていても実際には十分な「高反発力が発揮できない」低品質なマットレスも 多々存在しています。

それは同じ「高反発ウレタン素材」といっても「品質(密度や成分純度)」に種類があるからなんですね。

●嵩増しするために「ウレタン」以外の成分(不純物)を沢山混ぜる。

●高反発ウレタン素材の成分密度を低くする。


そんな低品質な高反発ウレタン素材を使用したマットレスが一般市場には多々存在しています。

同じ「高反発ウレタン素材」と呼ばれていても、「上質高反発ウレタン素材」とは素材単価的に「十数倍」もの差が ありますので、注意が必要なんですね。

同じウレタン素材マットレスなのにも関わらず「¥5,000円」で購入出来る商品もあれば、「¥50,000円」の商品も あるのは、上記のような理由によるもの。

見た目は同じ様でも「機能」「品質」がまったく別物なんですね。

※最新価格情報※「最安値」で購入出来る高反発マットレスは何!?


最安値の高反発マットレス

高品質な素材(高反発素材)を使用していることを条件とした上で、現在「最安値」で購入出来る 高反発マットレスが下記となっています。

●エアツリーマットレス(Airtree)
※割引価格:¥19,800円(税込)

「エアツリー公式SHOP」にて、割引キャンペーン販売中!
↓↓↓

「エアツリーマットレス公式SHOP」はこちらから。

近年、価格競争も激しくなっており、新規商品なども続々登場してきていますからね。

「最新価格情報」は随時変更しております。

高反発マットレスが対象としている「腰痛」とは!?

腰痛軽減

高反発マットレスの中には「腰痛軽減」などの効果が期待出来る商品として販売されているものも存在しています。

ただ、この場合注意が必要なのが日頃から抱えている「腰痛症」「ヘルニアなどの疾病」が治ったり、改善される わけではないということ。

結構、口コミなどを見ると「上記のような思いを持って、高反発マットレスを購入したのだけれども、腰痛が改善され無かった」といった コメントがあったりしますが、それはそもそも大きな勘違いなんですね。

高反発マットレスで改善・軽減できるのは、睡眠時(睡眠姿勢を取っている時)に生じる「腰・背中のの痛みやコリ」といった症状 なのです。

もしくは、日頃感じている腰痛などが睡眠姿勢となったときに、少しでも楽に感じられる(痛みが生じにくい)といった効果 を期待してのものなのです。

後者(日頃の腰痛が楽に感じられる効果)に関しては、「高反発マットレス」だから得られるといった要素(効果)ではありません。

その方が有している症状(腰痛など)の原因や体格特性などとの相性(マットレスとの相性)によるもの。

「ふわふわのマットレス」が楽と感じる方もいれば「フローリング床に寝転んだような硬いマットレス」が楽と感じる人も いるわけです。

●睡眠時の体のこわ張り
●睡眠中及び起床時に感じる「腰や背中の痛みやコリ」
●睡眠時・起床時に感じる「肩こり・肩の痛み」

などの軽減が期待できるのが「高反発マットレス」なのです。

おすすめ高反発マットレス「三つ折り」BEST3


三つ折りマットレス

昔は「三つ折りマットレス」というと敷布団の下に敷くクッションマットレス(普通ウレタン仕様)が 対象となっていました。

しかし、近年需要のある「三つ折りマットレス」は、単体で活用(敷布団無し)できる機能性マットレス を意味しています。

「折りたたみ」の構造上、一枚マットレスと比較すると「耐久性(耐用年数)」には、大きな差が存在しています。 (耐久性は劣る)

ただし、手軽に折りたたんで「押し入れに収納できる(収納性)」ことがメリットとなっており、一定数の需要が 常に存在しているのです。

ここでは、おすすめの高反発マットレス「三つ折りタイプ」BEST3をご紹介したいと思います。

耐久性(強度)に劣る分、「保証期間」を重要な要素として評価指標といたしました。

フライニット ウィング|マニフレックス

フライニット ウィング

■耐久性(マットレス寿命)

★★★★★
★★★★★


■価格(コストパフォーマンス)

★★★★★
★★★★★


■保証期間

★★★★★
★★★★★


■耐熱性(湯たんぽなどの利用可否)

★★★★★
★★★★★


※コメント

高反発ウレタンフォーム(エリオセル)を使用した、マニフレックスの最新「三つ折り」マットレスが 「フライニット ウィング」です。

素材の「エリオセル」自体は、とても耐久性に長けた素材。

正直「10年もの保証期間」は必要ないかと思いますが、「湯たんぽなど」も使用できることから、 断然一位の評価となりました。



●機能性:高反発機能・体圧分散機能
●素材:エリオセル
●サイズ:シングル・セミダブル・ダブル
●厚み:11cm
●保証期間:10年保証
●通常価格:¥39,420(税込)※シングル
割引価格:¥39,420(税込)※最安値

↓↓↓

エアリー(Airy)ハイグレード|アイリスオーヤマ

エアリー(Airy)ハイグレード

■耐久性(マットレス寿命)

★★★★★
★★★★★


■価格(コストパフォーマンス)

★★★★★
★★★★★


■保証期間

★★★★★
★★★★★


■耐熱性(湯たんぽなどの利用可否)

★★★★★
★★★★★


※コメント

高反発マットレスの総合評価の対象ともなっていた、「エアリー」は三つ折りマットレスとしては上位評価のアイテム となります。

なんといっても「価格(コスパの良さ)」が魅力となっています。

他のアイテムと比較して、「30日間の保証期間」というのは、少々課題と感じる要素。少なくとも「1年保証」は 必要なものと考えます。



●機能性:高反発機能・体圧分散機能
●素材:エアロキューブ
●サイズ:シングル・セミダブル・ダブル
●厚み:9cm
●保証期間:30日間
●通常価格:¥29,800円(税込)※シングル
割引価格:¥23,100円(税込)※最安値(変動中)

↓↓↓

スマートZ|エアウィーヴ

エアウィーヴ マットレス スマートZ

■耐久性(マットレス寿命)

★★★★★
★★★★★


■価格(コストパフォーマンス)

★★★★★
★★★★★


■保証期間

★★★★★
★★★★★


■耐熱性(湯たんぽなどの利用可否)

★★★★★
★★★★★


※コメント

耐久性に課題のある「三つ折りマットレス」という意味で、やはり気になるのが「価格(コスパ)」 でしょうか。

エアウィーヴは、全体的に高級マットレスに位置づけられるアイテムですので、高めの価格設定となる のは、理解は出来るのですが・・。

「エアファイバー」と「ポリエステル素材」との複層構造(大半をポリエステル素材が占めている状況) であることを考えると正直、「コストバランスが悪い(割高)」と感じています。

現状の人気を踏まえて、三位の評価となりました。



●機能性:高反発機能・体圧分散機能
●素材:エアファイバー・ポリエステルクッション材
●サイズ:シングル・セミダブル・ダブル
●厚み:9cm
●保証期間:3年保証
●通常価格:¥42,120円(税込)※シングル
割引価格:¥42,120円(税込)※最安値

↓↓↓

高反発マットレスと低反発マットレスとの違いとは!?


高反発と低反発の違い

高反発マットレスに使用されている高反発素材には「高反発ウレタン素材」と「網目繊維構造素材」の2種類があります。

対して、低反発マットレスに使用されているのは「低反発ウレタン素材」のみとなります。

ここで比較しておきたいのが

●高反発ウレタン素材
●低反発ウレタン素材

の特性・特徴の差です。

実は、素材の成分的には、「高反発ウレタン素材」も「低反発ウレタン素材」ほとんど同じなんですね。

成分は同じでも「分子構造の違い」などによって、特性・特徴に差が生まれているのです。

細かな違いもありますが・・大きな違いとして、理解しておきたいのが下記2つの要素です。

●反発力の差
●温度変化に伴う性質変化の差


反発力の違い!「高反発」と「低反発」


「反発力」とは、外部から加わる力に対して、「返す力」を意味しています。

「反発力100%」というのは、外部から「100の力」が加わったときに、返す力が「100」となることを示しています。

逆に「反発力0%」というのは、外力「100」に対して返す力「0」の状態を意味しています。

「高反発」というのは、反発力の割合が大きいことを表し、「低反発」とは、反発力の割合が小さいことを表しているのです。

温度変化に伴う性質変化(硬さの変化)


ウレタン素材自体、多かれ少なかれ「温度変化(室温変化)」によって、素材の硬さが変化する特性を有しています。

ただ、「高反発ウレタン」「普通ウレタン」では、通常の環境下(通常の気温変化)で「硬さ」が明らかに変化することは ありません。

しかし、「低反発ウレタン素材」は、通常環境下の気温変化にて、大きく素材の硬さが変化する特性を有しているのです。

低反発ウレタン素材は「20℃前後」で通常の硬さを示しますが、夏の高温環境(30℃以上)となると、とても柔らかになってしまいます。

反対に、冬の低温環境(10度以下)となると低反発ウレタンは柔軟性を失い、硬くなってしまうのです。

四季のある日本では、この温度変化に伴う「硬さの大きな変化」が一年通じて生じるため体への負担が生じることに。

「低反発マットレス」が日本に適さないのは、こんな環境変化(温度変化)が大きな要因となっているのです。

「高反発マットレス」関連情報